しなもんの子育てブログ

しなもんの子育てライフログです。育児・家事・仕事との両立について書いています。

虫歯や歯周病に気をつけて!妊娠中のお口の健康とオーラルケア

こんにちは、しなもんです。

 

皆さん、歯科健診行ってますか?

先日、私は妊娠中の歯科健診をしてきました。

その結果、お口の状態が大変なことに…。

 

実は出産前後に歯が悪くなる人が多いのです。 

子育てに追われているとなかなか歯医者さんにいく時間を作るのも大変ですよね。

今回は妊娠中のお口の健康リスクとオーラルケアについて紹介していきます。

 

妊娠中は虫歯や歯周病のリスクが上がる

なぜ虫歯や歯周病になりやすい?

  • つわりがしんどくて歯磨きができない
  • 食べづわりでいつも何か口にしている
  • 間食が増える
  • ホルモンバランスが崩れやすく唾液の分泌が減る → 口の中が酸性に偏る

妊娠中はこのような理由から虫歯や歯周病になりやすくなります。

 

お口の健康が安産につながる?!

1996 年、アメリカの Offenbacher 氏らにより歯周病と早産・低体重児出産の関連性が初めて報告されました。
なんと、歯周病で歯列の60%以上の歯周組織が壊れていると早産になったり、低体重児出産になってしまうリスクが通常の約6倍、初産だと約7倍にもなるそうです。

 

喫煙や飲酒などの他の気をつけたいことのリスクと比べてみました。

  • 喫煙の場合は早産のリスクが約3倍、低体重児出産のリスクが約2倍。
  • 飲酒の場合は早産のリスクが約3.5倍、低体重児出産のリスクもあり。

歯周病によるリスクはかなり高いことがわかります。

 

妊娠中のママがお口の健康を保つことはとても大事なことなのです。

 

妊娠中の歯科治療

いつ治療ができるの?

妊娠5~7ヵ月のいわゆる安定期と呼ばれる妊娠中期が治療に適しています。

この時期以外に治療ができないというわけではありません。

妊娠後期に入るとあお向けに寝るのが辛くなるからです。

 

レントゲンや麻酔は大丈夫?

レントゲンは部分的に撮影するので、直接赤ちゃんにX線があたることはありません。

撮影時には防護用エプロンも着用するのでレントゲン撮影は赤ちゃんへの影響はほとんどないそうです。

 

麻酔も安定期に入っていれば通常量の歯科麻酔(局所麻酔)は赤ちゃんや母体にも影響ありません。

痛みを我慢して治療を受けるほうがストレスがかかってよくないです。

 

どちらにしても不安を感じるときは歯医者さんとよく相談してみましょう。

治療が怖い、不安だからといって虫歯や歯周病を放置するほうがよっぽど健康によくありませんよ。

 

正しいオーラルケアを身につけよう

f:id:shenamon-kosodate:20190215103255j:image

食べたら歯磨きを習慣づける

歯磨きは1日3回とよく言われていますが、妊婦さんの場合は間食したときもなるべく歯磨きをしましょう。

 

なお、だらだらおやつを食べたりするのはもちろんNG。

体重管理の点からみても、糖分の多い甘いものばかり食べるのも良くないです。

 

つわりがしんどいときは無理をせず、気分がいいときに行ってくださいね。

歯磨き粉は香りや味に敏感になることもあるので、低刺激のものに変えたり、一時的に使用しなくてても大丈夫です。

デンタルリンスの使用やこまめなうがいも効果的です。

歯ブラシ選び

歯ブラシのヘッドは平らなもの、かつ小さめのものが使いやすいです。

 

山なりカットの歯ブラシもありますよね?

一見歯のデコボコにフィットしているように感じますが、左右に動かして磨くときにこのデコボコのせいで磨き残しができやすいです。

平らなもののほうが圧力が均等にかかるのできちんと磨けます。

 

ていねいに磨くなら小さいヘッドのものをおすすめします。

女性は口の小さい方も多いので、小さいヘッドも歯ブラシの方が小回りも効いて磨きやすいです。

世の中には子ども用歯ブラシで磨いている強者もいるんだとか。

 

歯ブラシの毛先が開いたり、色が変わってきてしまったら交換時期です。

毎回ちゃんと洗っていても、歯磨きのときについた細菌が残ってしまうこともあります。

清潔な歯ブラシで磨くためにも、歯ブラシは月1回は交換しましょう!

 

↓歯医者さんでおすすめされた歯ブラシがこちら↓

さっそく購入して使っています。 

Amazonで10本入り1,235円(2019/2/15現在)

使いやすくてへたりにくいのに1本124円くらいとコスパ良し。

数回使ってみて磨きあがりに感動したので、これから家族でリピート買いします。

 

歯ブラシの持ち方のポイント

  • 鉛筆と同じ持ち方がちょうどいい
  • 力を入れすぎない
  • 歯ブラシは歯と歯茎の境目や歯と歯の間にしっかりあてる
  • 歯は1、2本ずつ小刻みに動かして磨く

このあたりを意識するだけで磨きあがりも全然違います。

細かい点については歯医者さんで聞いてみましょう!

 

【まとめ】妊娠したら一度は歯医者さんへ行こう!

 私にはお口のトラブルなんてないと思っていても、静かに虫歯や歯周病などのトラブルが進行していることがあります。

しかも、気づかずに放置してしまうと妊娠中のトラブルにもつながるという研究結果もありました。

お口の健康を保つことは常に大事なことですが、妊娠中はさらに気をつける必要がありますね。

 

妊娠中に1度は歯医者さんで健診を受けましょう。

そして、治せるうちに適切な治療を受けることが大切です。

歯医者さんでは適切な歯のブラッシング方法も教えてもらうことができます。

できればかかりつけの歯医者さんを見つけておくと安心できますね。

 

妊娠中の歯科検診の費用を補助してくれる自治体もあります。

母子手帳を受け取る際にたくさん書類をもらうと思いますが、その中に案内がはいっていることも多いです。

住んでいる地域の情報を調べてみてくださいね。